警告!あなたの青汁選びは間違っていませんか? カテゴリー別に青汁を厳選し比較しました。
警告!あなたの青汁選びは間違っていませんか? カテゴリー別に青汁を厳選し比較しました。 > ランキング > 化学肥料で作られた野菜は危険!化学肥料不使用の青汁 比較ランキング

化学肥料で作られた野菜は危険!化学肥料不使用の青汁 比較ランキング

Pocket

知らないとマズイ!「化学肥料で作られた野菜」はとてつもなく危険!

化学肥料栽培が、とてつもなく危険な野菜になってしまうこと知ってましたか?これはホントに驚くべき実態なんです。

野菜を作るのになぜ肥料を使うのかというと、簡単に枯れず、形も綺麗で大きく、早く大量に収穫できるようにするための成長促進剤なんですね。

なので、そうした消費者受けする野菜や果物を作るため近代農法によって品種改良を続けてきた結果、肥料も同時に人工的な化学肥料になっていったのです。

そういう意味で今の野菜は昔の人が食べていた元祖の野菜や果物とは似て非なるものなんですね。

さて、その肥料。植物の栄養主成分には「窒素」がないと育たないんですね。有機の場合は、アンモニア成分→土壌の細菌が活性化→植物の栄養素「硝酸態窒素」へと変化します。化学肥料の多くは、そんな面倒くさい事せずにはじめから「硝酸態窒素」が含まれてるんですね。

この硝酸態窒素は硝酸塩という物質で、これを含んだ野菜や果物を食べると唾液と反応して悪魔の「亜硝酸塩」に変身してしまうことが分かっています。

これは、有機肥料より野菜や果物に直接与える化学窒素肥料のほうが悪魔の有害物質(亜硝酸塩)になる量が多くなるわけですが、亜硝酸塩を摂取する有害性は農薬の比にならないそうです。

この亜硝酸塩は超猛毒の為、乳幼児の大量の摂取は死亡したケースが過去にあったようです。
また、大人も胃に入ると、とにかく強力な発がん性物質「ニトロソアミン」が大量に発生することが分かっています。

 

 

化学肥料不使用の青汁はこちら

 

 

うれしい明日葉

ビタミン、カリウム、食物繊維などの栄養素に加え、「カルコン」という特有のポリフェノールが豊富に含まれている緑黄色野菜、明日葉をぎゅっと凝縮。
さらに日本人になじみ深い、味噌や漬物などの発酵食品にも含まれる200億個の“植物性乳酸菌”をプラス

 

 

 


評価星 価格 送料
5.0点

3,420

600円(6,000円以上なら無料)

 

  • 植物性乳酸菌を200億個(1日8粒あたり)も配合。
  • 『うれしい明日葉』の原料に使われる3つの素材(明日葉・大麦若葉・桑の葉)は、農薬・化学肥料に頼らず昔ながらの農法で大切に育てられています。

 

食物繊維・ミネラル・ビタミンに植物性乳酸菌も!話題のサプリ

 

 

 

 

遠藤青汁の冷凍青汁

昨今、大麦若葉やゴーヤ等の青汁商品がありますが、国内で初めての青汁系飲料と呼ばれるものは、遠藤仁郎博士が考案したケール100%の「遠藤青汁」です。
この遠藤青汁は、農薬・化学肥料、添加物・着色料不使用。
国内契約農家(主に高知・徳島)の畑にて栽培したもののみを使用した、混ぜもの一切無しの国産ケール100%青汁です。

 

 


評価星 価格 送料
4.2点

3,856

513円~

 

  • 農薬・化学肥料、添加物・着色料不使用。
  • 「自然農法」による栽培のため薬による害虫駆除の消毒はしていません。
  • 国内で初めての青汁系飲料と呼ばれるものは、遠藤仁郎博士が考案したケール100%の「遠藤青汁」です。
  • 高知県地場産品賞取得の装置を取り入れ、商品の鮮度をより保てるような特殊冷凍に成功しました。

 

青汁の元祖遠藤青汁の冷凍青汁

 

 

 

生青汁

生青汁の原材料は種を育てる段階から徹底した自社管理体制の元、伊豆と九州にある自社農場、もしくは一部 自社農場の契約農家によって栽培されています。

毎日生青汁を安心して飲んでいただくために、化学肥料に頼らず、虫取りを行うために人の手に加えて、農場にタカ科のノスリを放つなどして栽培期間中は農薬を使わずに、自然のしくみを活かしながらの栽培にこだわっています。

このように、こだわりぬいて収穫された栄養豊富な4種の青葉のみを原材料にして、生青汁は作られているのです。
これに、生きた乳酸菌を201億個配合しました。

 

 


評価星 価格 送料
3.7点

3,600

540円(5,000円以上無料)

 

  • 生きた乳酸菌を201億個配合
  • 安心の30日間返金保証付き
  • 生きた酵素がいっぱいの生青汁

 

お酒と合わせて美味しい【生青汁】レシピ

 

 



Scroll Up