警告!あなたの青汁選びは間違っていませんか? カテゴリー別に青汁を厳選し比較しました。
警告!あなたの青汁選びは間違っていませんか? カテゴリー別に青汁を厳選し比較しました。 > 大麦若葉 > 青汁飲んでも意味なし!と思っている方に青汁の効果を解説します。

青汁飲んでも意味なし!と思っている方に青汁の効果を解説します。

Pocket

青汁の主成分が大麦若葉の効果

青汁の材料の一つである大麦若葉は、イネ科野菜の仲間で、実は古来から日本で食されており、麦ごはんとして食されてきました。

多種多様な栄養分が特性であり、がんや動脈硬化や肌の老化にもがあると言われている活性酸素を取り去る『SOD酵素』の含有量が多いだと評されています。

また、、『葉緑素』も数多く、葉緑素はクロロフィルとも呼ばれ、こちらもがん予防に役立つなど注目素材とされています。

他にも、食物繊維・ビタミン・ミネラル・カテキンなどを含まれており、食物繊維はキャベツの15倍であり、ミネラルの一種であるカルシウムは牛乳の10倍もあります。

 

 

大麦若葉は、動脈硬化、高血圧、糖尿病というような成人病を予防・改善すると言われています。

大麦若葉にあるSOD酵素や食物繊維は、血糖値の上昇を抑える働きがあると分かっており、血糖値上昇が起因となる糖尿病防止や改善に効果があると言われています。

また、悪玉コレステロールや動脈硬化に関しても、SOD酵素が悪玉コレステロールに繋がるのを阻止したり、食物繊維がコレステロールや中性脂肪を排出させて血液サラサラにすることで予防するといいます。同時に、血中にコレステロールや中性脂肪が増加することで起きる高脂血症や、血管の老化との呼ばれる動脈硬化の悪化で起きる、脳出血、脳梗塞、眼底出血といった疾患の予防になるとも言います。

また、カリウムが血圧を上げるナトリム(塩分)を放出させることで、血圧自体を下げて高血圧予防にになると言います

他にも、リウマチにも大麦若葉は良好と言われおり、大麦若葉の成分であるクロロフィルは、炎症を抑えて痛みを軽減すると言われています。さらに、アルカリ性の食品である大麦若葉は、免疫障害とされる血中の酸性度を弱アルカリ性にもどす働きによって、リウマチを改善できるのではないかとも言われています。

 

 

大麦若葉に含まれる亜鉛は、細胞を生まれ変わらせる働きがあると言われていて、シミやにきび・肌荒れなどのトラブルを改善して美肌に効果があると言われています。 また、ビタミンB1は、にきびや肌荒れを予防改善する効果があったり、ビタミンCには、シミの予防や改善に、効果的と言われています。 他にも、大麦若葉はアトピーにも有効性があると言われていて、大麦若葉にあるSOD酵素・葉緑素・麦緑素には抗酸化作用があり、アトピーの原因とされる過酸化脂質を生み出す活性酸素取り除くことで、アトピーの原因を除去して症状を改善していくといいます。

 

大麦若葉を使用した青汁比較ランキングはこちら>>

 

 

青汁の主成分が桑の葉の効果

桑は絹をつくる蚕の餌として利用されていたため、 田舎に行けばいたるところに桑畑がありました。

 

しかしながら、養蚕業の衰えによって、養蚕農家が減り、今日では緑豊かな山村の場所でさえも桑畑はあまり確認されなくなっているのです。

 

桑には、成人病(高血圧症、高脂血症、糖尿病など)やガンを抑止するすぐれた作用があることが、神奈川県衛生研究所を中心に、農業総合研究所、畜産研究所、がんセンター、県立栄養短期大学などによる「機能性食品の共同研究」の中で明らかになってきました。

 

また、甘いモノといっしょに、桑を摂取すると太らないと言われており、桑の中には糖分をたくさん摂ってもからだに吸収されない、血の中にたまらない作用があるデオキシノジリマイシンが含まれているからです。

 

つまりダイエット効果が期待できるのです。



Scroll Up